野球魂

野球を頑張る子供たちを応援するサイトです。

中学の硬式チームはいくらお金がかかるのか?ぶっちゃけ!一例を紹介

小学校の少年野球を卒団したら
憧れの硬式野球をやりたい!と
胸を膨らませている子供さんは多いと思います。

軟式野球と硬式野球では
ボールや道具が大きく異なってきますが
それよりもさらに大きな違いがあります。

それは、
野球にかかるお金です!!!

ただし、硬式野球チームによって
かかるお金にはかなり差があります。

ここでは、私の息子が所属していた
シニアチームの例を挙げて
1年間にかかるお金を見てみましょう。

中学の硬式野球チームでかかるお金

会費:毎月26000円※兄弟割引あり

●グラウンド使用料
●チームバス維持費
●駐車場代
●チームバスガソリン代
●大会参加費
●ボール代
●設備費 など

 

チーム仕様のウエア類:15万円 ※入団時のみ

●公式ユニフォーム
●サブユニフォーム
●練習用Tシャツ
●ジャージ
●グラコン・Vジャン
●バッグ
●父兄用応援Tシャツ
●父兄用ジャージ
●父兄用Vジャン など

 

父母費:毎月1000円

●衛生用品
●文具・工具などの備品
●夏場の飲料補助・氷
●炊き出し補助
●慶弔費
●監督スタッフへの進物

 

遠征費:5000円+α

●全国大会用積立(年間7万円)
●合宿代(その都度)

 

その他

●スポーツ保険2種(年間5000円)
●甲子園出場お祝い(一人3000円)
●卒団式参加費(1万円)
●卒団時には記念品代(1万円)
●新入生歓迎会(バーベキュー)
●新年会
●納会
●祝勝会
●進学高校視察(監督帯同分も含む場合あり)
●父兄の移動費(ガソリン代や駐車場代)

 

この費用以外にも
選手個人に必要となるグローブバット
医療費などがかかってきます。

グローブやバットは軟式野球に比べて
割高なものが多く、
硬球は1球800円ほどします。

また、野球の練習に
怪我はつきものですので
治療費は当然必要となります。

打撲や捻挫などの
瞬発的な動きによる怪我は
保険の対象となり、
治療費を賄うことができます。

チームでスポーツ保険に入りますが
個人でも傷害保険に
加入しておくことをオススメします。

私のオススメは生協のこども保険で
月々1000円の掛け金で
1日に通院代2000円が保障されます。

このように、硬式野球チームの活動には
いろいろな名目でお金がかかります。

会費やその他の費用については
使い道が明確にわかるので納得できますが
使途不明金がある場合は
マネージャーさん確認してください。

 

1ヶ月に数万円も
子供の野球にお金が飛んで行くのは
家計的には非常にきついと思います。

ですが、ここは
思考の転換をしてみましょう。

私は、学習塾の月謝と同じ
と考えるようにしました。

目標の高校に合格するために
学習塾で勉強するように
憧れの高校で野球が続けられるように
硬式野球チームで野球をがんばる!

このように考えると
硬式野球にかかるお金も納得できますよね。

特に、硬式チームに入って
最初の1年目は購入するものが多く、
大金が必要となります。

また、行事があるごとに
どんどんお金が請求されますので
戸惑う事もあると思います。

子供さんが本気で頑張っているのですから、
できる限り応援したいですよね。

逆に、
これだけ野球にお金をかけているのに
子供自体が野球に興味がなくなったり
イヤイヤやらされているような
眼に余る悪態を続けるなら
きっぱり辞めさすべきです。

ムダな時間と大金を費やすのは
子供にとっても親にとっても
なんの得にもなりません。

 

中学時代の3年間の野球生活は
子供達にとっても、私たち親にとっても
とても特別な時間で
人生で何度も経験できるものではありません。

ぜひ、存分に楽しんでくださいね!

 

 

特集記事一覧

野球魂

Copyright© 野球魂 , 2021 All Rights Reserved.