野球魂

野球を頑張る子供たちを応援するサイトです。

少年野球のキャッチャーを体格で選ぶのは時代遅れ? イマドキの正捕手事情

小学生の少年野球チームのポジションって
どのチームもなんとなく
似たりよったりしているように見えませんか?

背の高いスマートな子がピッチャーで
どーんとどっしり大柄の子がキャッチャーで
走るのが苦手そうな
ぽっちゃりタイプがファーストで・・・笑

 

 

キャッチャーの典型的な体格イメージは「山田太郎」

※朝日デジタルより画像引用

 

キャッチャーというと、
肩が強い」「体が大きい
というイメージがありますよね。

野球マンガを見てみても
「ドカベン」の山田太郎や
「巨人の星」の伴宙太(古い!)は
とても貫禄のある良い体格をしています。

我が家の三男は
小学生の頃、どっしり大柄だったため
それが理由でキャッチャーを
やらせてもらっていました。

>少年野球の選手の体格とポジションの関係。小学生のあるある話

 

確かに、体が大きいずんぐりむっくりタイプの
子供がキャッチャーをすると
ピッチャーは投げる球の的が大きくなり
投げやすいでしょう。

それに、体が大きいと体ごと動かなくても
手を伸ばすだけでもボールに届く範囲が広がるので
体でボールを止めやすいのかもしれません。

ピッチャーからすれば、マトが大きくて、
どんなボールも体で止めてくれる
キャッチャーがいてくれるだけで安心です。

ですが、そのような理由で
ずんぐりむっくりタイプのキャッチャーが重宝されるのは
少年野球時代だけかもしれません。

 

 

コリジョンルールがキャッチャーの体型を変える!?

 

あなたはコリジョンルールをご存知でしょうか?

コリジョンルールとは、
ホームベースでの衝突プレーをいい
キャッチャーはホームベースで
ランナーを妨げるプレーをすることが禁止されています。

2016年のルール変更で
ホームベースでクロスプレーとなった際、
キャッチャーはホームベース前で
ランナーをブロックすることができなくなったのです。

コリジョンルールが制定される以前は、
キャッチャーはホームに突っ込んでくるランナーを
ホームベース上で体でブロックして
ホームインさせないようにできました。

ランナーもホームを守っているキャッチャーへ
体当たりして体ごと吹っ飛ばし、
ホームインすることができたのです。

そんなことになれば、
小柄で体重が軽いキャッチャーは
ランナーに激突されると
簡単に吹っ飛ばされてしまいます。

だからこそ、ずんぐりむっくりの
どっしりタイプのキャッチャーが
重宝されたのですね。

ですが、ホームベース付近での
クロスプレーが禁止となれば話は別です。

体が小さくても、肩が強く
キャッチャーとしての基本となる
「捕る、投げる」の正確な技術があれば
キャッチャーとして十分通用するでしょう^^

 

 

少年野球時代に成長するのは頑丈な体格とハート

 

少年野球時代は体格が大きい子の方が
キャッチャーには有利かもしれません。

ですが、キャッチャーをしていた
我が家の次男と三男を見ていると
体格だけがキャッチャーの要素ではない
断言できます。

というのも、、、

彼らは体も心も成長過程にある
幼い小学生だからです。

よく『ガラスのハートを持っている』
なんていう人がいますが、
強い心を持った人間に育てる重要な期間が
小学生時代だと私は思っています。

我が家の三男坊も試合で負けた後には
よくこのようなグチをこぼしていました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

●ピッチャーが言うことを聞いてくれない
(構えている場所にボールを投げたいけれど
技術が未熟なため、投げられない)

●ピッチャーが真剣にやってくれない
(ピッチャーが不安がっていることに気がつかない)

●そもそもピッチャーの子と馬が合わない
(・・・^^;)

 

少年野球チームに所属していると
子供には子供の言いたいことが
いろいろとあるようです。

とはいえ、キャッチャーである以上、
●試合の流れを読む
●バッターの心情を察する
●チームを統率する
●冷静さを持ち合わせる
というような心と行動が必要です。

ですが、これ以前に、
目の前にいるピッチャーと
相性が合わないのですから
お互いの実力を発揮しきれないのも
わからなくもありません。

我が家の次男のケースを見ると、
エースと正捕手の相性が合わなかったために
いつも試合の流れが悪くなり
(というよりも、チームの雰囲気が悪くなり)
バッテリーが変更になることが
多々ありました。

このチームで、
優秀なエースと正捕手によるバッテリーを
じっくり育てる時間がなかったのは残念ですが
彼らは、それぞれ進んだ中学・高校で
エース・正捕手として活躍しています。

きっと、小学生の少年野球時代からの経験が
彼らの成長の糧になったのだと思います。

野球の経験値にマイナスはありません。

どんな辛いことや嫌なことも
のちのち必ず彼らの血肉となります。

少年野球時代は体が小さくて
悩むこともあるかもしれません。

でも、成長期が来たら
そんな悩みとも一切おさらばできます。

これから先、長い間野球を楽しめるように
健康な心と体の成長ができるように
子供たちのサポートをしていきたいですね。

 

 

特集記事一覧

野球魂

Copyright© 野球魂 , 2021 All Rights Reserved.