野球魂

野球を頑張る子供たちを応援するサイトです。

第102回夏の甲子園は開催できるのか?!5月20日の運営委員会に注目

第92回春の選抜大会中止が決定し
早くも夏の甲子園に気持ちを切り替えて
野球に取り組んでいる高校球児たち。

しかしながら、
新型コロナウイルス感染拡大による
緊急事態宣言が発令されてから
第102回全国選手権大会の開催までも
なにやら影響が出てきそうな気配がしています。

第102回夏の甲子園は
2020年8月10日から開幕が予定されています。

開幕のために、運営委員会が開かれ
準備を進めて行くのですが、
当初、4月22日に予定されていた
第2回運営委員会が5月20日に延期が決まりました。

約1ヶ月先延ばしになった運営委員会。

この委員会ではどのような内容が
話し合われるのでしょう?

一つは、
第102回夏の甲子園の開催について
「やるかやらないか」の方向性
決められると言われています。

また、各都道府県の地方大会の開催や
新型コロナウイルスの感染防止のための
ガイドラインを準備しているとも
発表がありました。

新型コロナウイルス感染防止のためのガイドラインには
●選手や指導者、甲子園で試合を観戦する観客全員の検温
●球場をはじめとする施設の消毒
●選手・指導者ほか、関係者とその家族の健康管理
など、選手の安全確保と大会運営にあたっての指針が
盛り込まれる予定だそうです。

5月20日に第2回運営委員会があり
翌月の6月には沖縄県を皮切りに
地方大会が始まる予定です。

沖縄県は5月6日まで休校している高校が多く
チームでの練習をまともにできている学校は
かなり少ないでしょう。

5月にようやく新学期がスタートし
そこから6月の地方大会の開幕に合わせて
チーム体制や準備をするのは
時間があまりにも少なすぎます。

新型コロナウイルス感染拡大の終息が
予測もつかない現状では
開幕日も決定することができず、
どんどんずれこむ可能性があります。

今のところ、
緊急事態宣言が終わる5月6日を目安に
第2回運営委員会の会議は
行われる予定ですが
はっきり言って、
これもどうなることはわかりません。

甲子園出場を目標にここまで取り組んできた
3年生にとっては最後の夏です。

夢を託して辛い練習を乗り越えてきた
現役の高校球児たちに
有利な風が吹きますように
祈るばかりです。

 

特集記事一覧

野球魂

Copyright© 野球魂 , 2021 All Rights Reserved.