野球魂

野球を頑張る子供たちを応援するサイトです。

バスケ少年のママよりアドバイス

ポイントゲッターとして育てるという考え

子供は、バスケットボールをしております。しかし、「身長を大きくしてあげて、ポイントゲッターとして育てよう。」とは、考えていませんでした。

子供の場合において、運動とは、教育の一環であるというところが、基本原則です。「身長を大きくしてあげて、ポイントゲッターとして育てよう。」とは、思いませんが、子供が大きい選手になりたいといえば、少しは、考えようとも思っていました。子供の意志のなかにあるのなら、考えてもよいですが、身長は、適切な大きさの方が、安全な気がしているところです。

身長を大きくするために

私は、身長を大きくしようとしている方々の様々な話を聞いたことがあります。私が一番に思うことは、健全な生活のなかで、健全に成長することをまず、第一の基礎として、親が整えてやってから、身長が伸びるようにしてあげられるように始めるべきだと思うことです。

食生活を見直そう

身長を伸ばしてあげることに取り組む前に、まず、食生活がしっかりとしていなくてはなりません。栄養素のバランスがよくない状態で、何をしても、効果がでないばかりでなくて、栄養素のバランスが悪いことから、子供の成長に対して、よくないことにつながるかもしれません。

ご飯をおいしく食べよう

それから、ご飯をおいしく食べられることも、必要です。食事中に怒られているだけでは、消化にも影響があるという学説もあります。しかし、ご飯をおいしく子供が食べられることにつながってくるのは、ご飯が食べられていることに対して、親に感謝の気持ちがなくては、うまくいかないことが、多いとも思います。

いっぱい寝よう

次に考えられることは、睡眠時間の問題です。運動をしている子供は、学校でも、活発な子供が多いと思います。親がテレビゲームを禁じていなければ、かなり、小中学生では、テレビゲームにも夢中になるケースが多いと思います。これが、寝不足の原因になってきます。非常によくないことで、テレビゲームを厳禁にしているクラブチームも多くあるかと思いますが、私の場合には、少しだけさせてやってもいいかと思っておりました。

しかし、これが、大変な日常を作ることになりました。いつも、子供にきまった時間に寝るように言っても、なかなか、子供が言うことが聞けなくなってしまっており、毎日、大変なほど言い続けていました。

当時のエピソードとしては、「明日は練習があるから、早く寝なさい。」と言ってやっても、「もう少しゲームをしてから寝るよ」と言って聞きませんでした。子供を早く寝かすことに成功しても、次の日の朝には、「あー、昨日は、もっとゲームをしたかったな」といわれてしまって、朝から、気分が思わしくないところにもあったことが、心象に残るところとなるエピソードです。

練習に対する心構えがよくなくとも、「子供の精神の範囲で教えること」であると思って、強くは言えなかった私の心情を今でも思い出します。しかし、これが、テレビゲームのカセットを追加で買ってやらないことにすると、簡単にも、就寝時刻は、きっちりと素直に守れることが多くなってきました。

子供の睡眠時間は、背丈の伸長に大きく影響しますので、特に気を付けてあげるべきです。子供が就寝時刻を守ることが、身長を伸ばしてあげるためには、とても重要なことであることを理解するべきであると思います。

プロテインの摂取も考慮して

このような生活環境の基礎を作ってあげたうえで、子供の成長のために、プロテインなどを飲ませてあげてもよいでしょう。

ママから息子達へ

私が一番に思うことは、子供の時期において、身長を伸ばしてあげることも、健全な教育の範疇でなくてはいけないと思うことです。子供に一言いうとすれば、「プロテインでなく、もっと基礎的なことを頑張りなさい」と、十分な睡眠時間や、バランスのとれた食生活を自分から正しくできるように心がけさせたいと思います。

特集記事一覧

野球魂

Copyright© 野球魂 , 2021 All Rights Reserved.